314ceとLL16の弦交換

Taylorの314ceとYAMAHAのLL16の弦交換を2、3日前に行った。

今回、初めてプロ・ワインダーという器具を使ってみた。

交換する弦は、ダダリオのフォスファーブロンズの3セット組。

 

弦をゆるめるのにも、張る時もワインダーは楽。

ナット外しにも使える

LL16の方は、サイズが合わず100均で買った見にペンチで引き抜いた

最後に、余分な弦をカットするのにも使えたプロ・ワインダーだが、これ一本あれば、弦交換ができるわけではないのだが、あった方が楽だし、時間短縮できる。また、ナットをさしこ見直す時は、ハンマーに布を当てて入れ込むが、外す時にプロ・ワインダーを使えるサイズのものならペンチを使わなくて済むので、ナットを傷つける恐れもない。

 

Ibanez AE900が来た

11月30日、夜勤明けから帰ると、思ったより早くAE900が来ていた。

MADE IN JAPAN である。

念入りな梱包

ハードケース。

中にはさらにカバーが

お目見え

牛骨サドルのスペア付きというの嬉しい。(弦高調整で削る場合がある)

専用のプリアンプ付き

メイプルのインレイが地味に渋い。