カノンのコード進行とスピッツのチェリー

IMG_6306
パッヘルベルのカノンが弾きたくなってコードを調べてみた。
いちむらまさきの動画がわかりやすく説明していたので、弾いてみたところ、なるほどなーという感じ。
パッヘルベルのカノンのコード進行は、C → G  → Am → Em →  F → C → F → G である。
ダイアトニックコードに数字を当てはめた展開形式でいうと、1 5 6 3 4 1 4 5 ということらしい。
(いちむらまさきは、これを「イチゴ ムーミン 良い横浜」と語呂合わせしてた)
そしてこの動画でもわかるようにこのコード進行で弾けば、スピッツのチェリーの弾き語りもそこはかとなくできる。
唱歌の「紅葉」や「故郷」なんかも似た感じのコード進行のような気がする。
この 1 5 6 3 4 1 4 5 という数列には何か秘密が隠されている・・・のかもしれない。
ちなみに、実際に横浜のムーミンカフェというとこに、イチゴミルクがあるらしい。なんかうまそうである。
最近私はセブンイレブンのオレンジジュースが切れているので、グレープジュースに乗り換えたが、これはこれで結構うまい。水筒に入れて忘れていると発酵して炭酸ガスができたりするが。放置したらワインができるのか?
まさかね。
今日は、久しぶりに2連休の初日。
KORGのM50を移動して昇降式テーブル置いた。iMacのキーボード入力がしづらいため。そしてアナログでミキサー出力できるようスピーカーなどのセッティングも変えた。(パソコンやオーディオ・インターフェースを介さずにマイクやラインの音を出すため)ギター練習もしやすくなった感あり。
IMG_6304
IMG_6316
夕食、ナスと豚肉の黒酢炒めを家族分も作る。
バッハのパルティータのギター演奏のCDを今日はよく聴いた。
心が安らぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です