利用者さんとの散歩と利用者さんの可愛いイラスト

うだるような暑さ  利用者さんと散歩

IMG_6221

↑ ロットリングと水彩で描きたいと思った被写体

IMG_6222

白い花 モクレン?

IMG_6223

謎の実

IMG_6224

この葉っぱも謎

IMG_6225

名前忘れた 七変化とか

IMG_6227

 

昨日から、竹内まりあの『シングルアゲイン』を弾き語りでやりたいなと思い

youtubeを観たりするが、

この辺すかね。

ところで

IMG_6229

利用者さんが描いたイラスト。可愛い。

ハーブティーとハーブ飲料を買う。そして配置換えの修正

せっかく配置したコンソール周辺だったが・・・

どうも具合が悪くてまた変更

と言うのか微調整と言うのか・・・

しかし、3時半より鹿児島市内で顎関節症の治療に行くので、2時半に家を出る。

カオス状態で心苦しく部屋を後にする。しかも、今日は夕方6時から施設のミーティングである。

 

治療の帰り、アメリカンスピリットを買いに。

そしたら、こういうコーナー、というかテナントができてた。

IMG_6203

 

岩合光昭のねこ

 

IMG_6202

 

ハンカチ欲しかったが、大きめのハンカチ、一枚1800円。でちょっと。

IMG_6204

 

それから、ティーパックのハーブティーと有機果汁入り飲料(希釈して飲むやつ)を買う。IMG_6206

 

それからジュンク堂の本屋で水彩の本見る。

今度、この本とピグマペン買おう。

IMG_6205

 

それから地下のパン屋で食パン。ピロシキ、チョココロネと、スケッチしようと野菜の彩のきれいな惣菜パン買う。

IMG_6218

 

そして高速で職場に。定刻の10分前に着く。

担当利用者さんのカンファ。知らない情報がみんなから聞けて、これは有益なのだが・・・

その後、そうめん流しに利用者さんを連れて行くとかで、日程の繰りあわせに四苦八苦。

疑問に思ったのは、「なぜ一律にみんな連れて行こうとするのか?」本人の意思をなぜ尋ねずに「行くもの」と決めて計画するのか?ということ。そもそも17、8人いる利用者さんを、職員二人の引率、介助で園外に連れて行くというリスク。不合理。

明日は防災訓練。ちょうど休憩時間に自分が担当になっているみたい。

担当してる利用者さんのカンファをまとめたり、時間外のこうした労働が介護職は多すぎる。

プライベートでやりたいことの多い人間には苦痛である。

 

家に帰って配置換えの続き。配線し直しが辛い。

が、なんとかできた。IMG_6211

 

弾き語りをテスト。

QuickTimeで録画するにしても、モニターはAbletonで。なぜかレイテンシーが生じて、QuickTimeでモニターすると歌いづらい。

IMG_6214 IMG_6212

配置換え

変更前

IMG_6173

 

変更後

IMG_6179

MacbookとMIDIコンントローラーキーボードを、iMacとKORGのシンセ、M50に変えた。

キーボードを使いたかったのは、MainStageというアプリのピアノ音源が気に入ってたため。

ピアノ+アコギ

 

 

IMG_6180

IMG_6187

 

MacBookは文章書き専用に

IMG_6191

IMG_6192

 

IMG_6193

7月5日の日記メモ

IMG_6116

アロマテラピー教室 今日はジェルを作る。肌につけると何気に気持ちいい。

IMG_6126

車のエアコンのガス注入

Taylorギターのハムノイズ対策。アースつける 一応の解決

IMG_6118

IMG_6120

レイアウトの変更。オーディオの移動とDAWのコンソールデスク作り

録音、モニタリング練習。

ダイナミックマイクとピエゾのモデリング&エフェクターでギターの原音にだいぶ近づいてきたかと。A3導入は正解だった。

弾き語り練習がしやすくなった。

QuickTimeプレイヤーで録画してiCloudUPしてiMacで視聴しようとするが、時間かかる。まぁ一つで700Mとか大きいからな。数本一気には無理。USBメモリーかSDカードに入れて転送した方が早いな。

午前中、咳が出る。部屋掃除する。窓からの灰などの埃が原因のような。

昨日、グレン・グールドのドキュメンタリー。「芸術とはオリジナリティー」というのと「芸術の追求と結婚生活が相容れない」というのが印象に残る。寝不足で途中で寝る。

今日はランニングでギター弾く。ランニングシャツとか滅多に着ないが、こう暑いと。

しかし弾き語り練習とかやってるとあっという間に時間が。1、2時間とかしれっと過ぎる。日課的に短時間で練習したいとこだ。

Taylorギターのネックの反り  調整法を調べたところ、普通のとは全く異なることが判明。

IMG_6123

とりあえず、弦を緩めることに。

15分で書くブログ

昨夜は23時に就寝。5時過ぎに自然と目が覚める。途中、喉が乾いて二度ほど目が覚める。トイレは1、2回。夢をたくさん見た。この頃夢の中にある人がよく出てくる。

コーヒーとハーブティーのお湯を沸かし、

その間に、ベーコンを焼き、トーストを焼いてバターを塗って、弁当に冷凍の惣菜を詰める。

そしてコーヒーをドリップして、ハーブティーをポットで蒸らす。

昨日のアコギの演奏を聞きながら、トーストとベーコンを食べて、手巻き煙草を一本巻く。(ボーカルリバーブをかけたバージョンが良かった)

そして5時45分にiMacを起動してブログを書く。

コーヒーを飲み、マイケル・ヘッジを聴きながら。(10分経過)

 

昨日は、仕事の手紙下書き3件とチェック表

 

ロシアによるバルト三国への侵略

テレビでリストニアの古城を映していた。その近くにあるという十字架の山はロシア軍との戦いで戦死した人のものだという。

歴史的には

『 三国ともロシア帝国に支配されていたが、ロシア革命ののち、1918年に三国とも独立を達成した。しかし第二次世界大戦中の独ソ不可侵条約における秘密議定書を発端としてソ連とドイツによる占領が続いた。1940年ソビエト連邦に併合され、ソビエト連邦構成共和国であるエストニアラトビアリトアニアの各「ソビエト社会主義共和国」として連邦政府の強い統制下に置かれた。1941年に始まった独ソ戦によりこの地域はナチス・ドイツの支配を受けたが、1944年から1945年にかけて再びソ連に占領された。戦後、ソ連は自らが得た戦前の旧ポーランド領の一部をリトアニアに編入し、現在に至るバルト三国の国境線が確定した。

1980年代後半、ソ連国内でペレストロイカが進展すると独立回復運動が高まり、1990年3月11日に独立を宣言したリトアニア共和国では1991年1月にソ連軍との衝突で死者が発生した(血の日曜日事件)。その後、ソ連8月クーデター後の8月20日にそろって再独立を実現させ、同年12月のソ連崩壊へ大きな影響を与えた。

1991年には北欧理事会の情報事務所がバルト三国に開設されたほか、エストニア、リトアニア、ラトビアのバルト三国は北欧理事会への加盟希望を表明している。

1992年バルト海諸国理事会が設立されると、三国ともに加盟。理事会は北ヨーロッパバルト海周辺に位置する諸国による国際的な地域組織として設立・運営され、欧州連合も加盟した。

独立後は概ね三国が共同歩調を取って親米・親西欧の経済・外交政策を展開し、2004年3月29日に三国そろって北大西洋条約機構(NATO)へ加盟した。同年5月1日には、やはり三国そろって欧州連合(EU)へ加盟した。同日に揃ってシェンゲン協定に調印した。

2005年ウラジーミル・プーチン大統領はバルト三国併合を「悲劇」と認めたものの、新たな謝罪は拒んだ。同年の対独戦争60周年記念式典にはラトビア以外のエストニアのリュイテリ大統領とリトアニアのアダムクス大統領は出席を拒否した。

リトアニアの国会は、ナチス・ドイツ鉤十字と同様に、ソビエト連邦共産主義の標章(ソビエト連邦の国旗国章である「鎌と鎚」、ソビエト連邦の国歌)を禁止する法案を可決し、エストニアではソ連軍兵士の銅像を撤去する事でロシア系住民の暴動が起きている。

2007年12月21日にシェンゲン協定を揃って施行し、シェンゲン圏に組み込まれた。

2007年以後はエストニアが、2008年以後はリトアニアラトビアがそれぞれ、ナチス・ドイツの「鉤十字」とソビエト連邦の「鎌と鎚」を禁止している。バルト三国はソビエト統治時代を「暗黒時代」と見なしている。一方、ベラルーシウクライナ東部の親ロシア派支配地域はソビエト連邦時代の戦勝記念を祝っている。

2011年1月1日にエストニアがクローンから、2014年1月1日にラトビアがラッツから、2015年1月1日にリトアニアがリタスから通貨をユーロに変更した。なお、三国の通貨が同じになるのは1992年にエストニアが、1993年にラトビア・リトアニアがそれぞれ国内でソビエト・ルーブルを使用しなくなって以来である。』

とのこと。

プーチン独裁になって旧ソ連時代の全体主義的侵略国家としてロシアは復活してるようで、次のような動きも

ロシアがクリミアの次に狙うバルト3国

Russia Reportedly Querying Recognition of Independent Baltic State

 1991年に当時のソ連がバルト3国の独立を承認したのは合憲だったか違憲だったか、ロシア検察庁が再検証の作業に入った。

ロシアのインタファクス通信の報道によると、ロシア連邦議会の議員2人が、検察庁にあらためて調査するよう求めたという。独立を取り消すつもりとも受け取れるこの動きに、リトアニアの外務高官は「ばかげた挑発だ」と反発している。

リトアニア、ラトビア、エストニアのバルト3国は、1940年からソ連が崩壊する91年までソ連領だった。3国共、独立後はユーロに参加し、西側の一員としてやってきた。ラトビアとエストニアは多くのロシア系住民を抱えているが、リトアニアではロシア語を話す住民は比較的少ない。

先週ロシアでは、似たようなケースで「違憲」の判断が示されたばかり。ロシアは54年ウクライナにクリミアを譲渡したが、検察庁は先週これを「違憲」だったと判断した。昨年のロシアのクリミア併合を追認するような判断だ。

クリミア併合は国際的な非難を浴びているだけでなく、ウクライナ政府とウクライナ東部の親ロシア派との戦闘は今も続いている。

バルト海で繰り返される演習は攻撃準備か

バルト3国の緊張も高まっている。ロシアはバルト海周辺で軍事演習や訓練を繰り返し、バルト3国から見ればロシアはますます危険で挑発的になっている。今年2月、エストニアの国防研究機関のマーティン・ハートは、ロシア陸軍の演習はますます頻繁になっており、バルト3国に対する攻撃準備の一環という気がする、と言う。

ウクライナ紛争が始まって以降、NATO加盟国では、ロシアの戦闘機が領空に接近してスクランブルをかけた回数が過去最高に増加している。最近では、アメリカがポーランドとリトアニアに戦闘車両や重火器を配備する計画に対し、ロシアは戦力増強で対抗する意欲を見せた。

News week日本語版より

 

6月23日の記録

車庫にあったダンボール、古い椅子など捨てに処分場に。大体30キロぐらいだった。

ギター練習とミキサーコーナーを少し手を加える。(稼動デスクを使うため)

冷蔵庫内整理とタンスの衣類整理以外は予定通りタスクこなす。

タスクはノートに箇条書きにして、終わったものにテック入れるやり方。

evernoteなどパソコンやスマホでタスク管理するより手書きのノートの方が、広げておけるし新たな追加や他の項目も書けていいようだ。

MacのiCloudに、QuickTimePlayerで録画したギター練習などの動画をそのまま入れていたら80ギガぐらいの膨大な量になり、外付けに移動し大方削除する。

髪染める。シアグレイとかいうのだが。

11時くらいに寝るつもりが1時に。11時以降にやったのは、ブログの記事作成、演奏のテスト録画、そして寝る前に整体のようなストレッチのようなこと。

早番で5時半起きの時にきついから11時くらいには寝れる習慣にしようと思っているのだが。

録画テストをやるとあっという間に1時間とかかかる。

IMG_6107 IMG_6108

 

処理場に行った帰り撮影。

IMG_6098 IMG_6097

RadioheadのCreep

弾き語りの練習をしていて、日本の歌がいまひとつしっくりこない。歌詞がなんか違うなぁというか。

で、RadioheadのCreep とかマスターしようと。あと、ロイクソップのWhat Else Is There ?

両方とも歌詞が実にロック的。ロックを聴いたりする人間というのは異端的だと思うのだが、Creepの歌詞はすごくわかる。

が、異端者の心情を歌い上げたのが災いしてか、とんでもないリアクションもあったようで、バンドはこの曲にアレルギーを催して長年、封印してたらしい。

レディオヘッド、あなたが知らないかもしれない名曲“CREEP”に関するトリビア9選

確かに殺人鬼に気に入られたら(共感されたら)嫌になるだろう。(それが馬鹿げた誤解だとしても)

それはともかく、youtubeでこの曲を歌っているのを観ると、いろんなアレンジというか歌い方があって、普遍的なラブソングでもあるな、と。(と同時に失恋の歌?)

『変わり者の切ない恋の歌』というとこか。

殺人鬼が共感するというのは、この歌詞を完全に誤解しているとしか思えない。

コード進行は、G  B7  C  Cmの繰り返しというシンプルなものだが、これが結構、琴線に触れる。

自分的には、オリジナルのあのディストーション・ギターはいらない。

以下の動画みたいな弾き語りだけで十分エッセンスは伝わる。

歌詞

When you were here before
Couldn’t look you in the eye
You’re just like an angel
Your skin makes me cry

You float like a feather
In a beautiful world
And I wish I was special
You’re so fuckin’ special

But I’m a creep, I’m a weirdo.
What the hell am I doing here?
I don’t belong here.

I don’t care if it hurts
I want to have control
I want a perfect body
I want a perfect soul

I want you to notice
When I’m not around
You’re so fuckin’ special
I wish I was special

But I’m a creep, I’m a weirdo.
What the hell am I doing here?
I don’t belong here.

She’s running out again,
She’s running out
She’s run run run run

Whatever makes you happy
Whatever you want
You’re so fuckin’ special
I wish I was special

But I’m a creep, I’m a weirdo,
What the hell am I doing here?
I don’t belong here.
I don’t belong here.

 

When you were here before

前にきみがここにいたときは

Couldn’t look you in the eye

目を合わせることもできなかった

You’re just like an angel

きみはまるで天使のようで

Your skin makes me cry

その肌に触れるだけで、僕は涙が出てしまう

You float like a feather

きみは羽根のように舞う

In a beautiful world

この美しい世界の中を

I wish I was special

僕も特別な人間だったらなぁ

You’re so fucking special

きみは本当に特別な人だよ 

But I’m a creep

でも、僕は気味の悪いやつで

I’m a weirdo

変わっているやつで

What the hell am I doing here?

僕はどうしてここにいるの?

I don’t belong here

ここは僕の居場所なんかじゃない

I don’t care if it hurts

傷つくことは気にしない

I want to have control

でも、自分の意志は持っていたい

I want a perfect body

僕は完璧な身体が欲しいんだ

I want a perfect soul

僕には完璧な精神が必要なんだ

I want you to notice when I’m not around

そばにいなくても、きみには僕のことを知っていてほしい

You’re so fucking special

きみはすごく特別な人なんだ

I wish I was special

僕もそうだったらよかったのになぁ

But I’m a creep

でも、僕は気味の悪いやつで

I’m a weirdo

変わっているやつで

What the hell am I doing here?

なのに、僕はどうしてここにいるの?

I don’t belong here

ここは僕の居場所なんかじゃない

She’s running out again

彼女がまた離れていく

She’s running

彼女は離れていってしまう

She runs runs runs runs

どんどん離れていって

Runs

去っていってしまう

Runs

いなくなってしまう

Whatever makes you happy

幸せを感じられるものすべて持っている

Whatever you want

欲しいものすべて持っている

You’re so fucking special

だって、きみは本当に特別な人だから

I wish I was special

僕も特別だったらなぁ

But I’m a creep

でも、僕はただ気味の悪いやつで

I’m a weirdo

変わっているやつで

What the hell am I doing here?

なのに、僕はどうしてここにいるの?

I don’t belong here

ここは僕の居場所なんかじゃないのにね

和訳引用先

【歌詞和訳】Creep / Radiohead – クリープ / レディオヘッド

 

介護職についての考察 〜日本の介護の現状〜

最近、介護関係の本を数冊買った。ユマニュチュードの本をAmazonで探していて、ちょっと日本の介護現場そのものを知りたくなったから。

色々、書評など見て、岡田耕一郎という人のが面白そうで(現実的で)3冊ぐらい買った。

『だから職員が辞めていく』はそのうちの一冊。19章と20章はかなり同感というか。

89ページのラスト『「介護の質」を上げるより「介護現場の労働現場の環境の質」を上げてもらいたいと普通のおじさんは切に願っている』という著者の言葉は心から共感する。

(結局、「介護の質」もそんなによくはない、という現実)

アロマテラピーの教室に

夜勤明け、1時間ほど寝て、初のアロマテラピーの教室に行く。

エッセンシャルオイル代2800円。(4種類)

グレープフルーツのオイルを嗅いだら頭の奥がスーとする。血行促進の効果か?

風呂にラベンダーのオイルを数滴入れたり、寝る前枕元にオレンジを一滴テッシュに垂らして置いたり。

よく寝れた様な。

 

『目標株価ゼロ』 ハーバライフの実態についてのドキュメンタリー

『目標株価ゼロ』というドキュメンタリーをネットフリックスで観る。

ハーバライフという健康食品メーカーのビジネス・スタイル(ネットワークビジネスと言われている)に違法性について追求したドキュメンタリー。

結末は、FTCが詐欺的商行為似ついて起訴。そして被害者に2億ドルの罰金で和解、というもの。

映画で実態を観る限り、どう見ても悪なのだが。政府は規制できないらしい。

製品そのものはそう悪くはないと思える(Amazonで販売しているプロテインなどの評価を見て)

だが、下部会員を勧誘し、ピラミッド式に吸い上げる構造はネズミ講と似ている。

実際に、多くの犠牲者の金銭喪失が上位の会員の利益になっている。

そうしたハーバライフの実態を世間に知らしめたのは、米有力ヘッジファンド、パーシング・スクエアを率いるビル・アッカマン氏。

アッカマン氏は、「ハーバライフはピラミッド・スキームだ。株式の価値はゼロに等しい」と空売りを始める。

株は13%も急落したもののダニエル・ローブ カール・アイカーンらが、買いに動き、株価は40ドルまで回復。

アックマンは劣勢に立たされる。この、カール・アイカーンの方は、アックマンが嫌いだから投資したらしい。ちなみにトランプ政権の規制改革担当の顧問に選ばられたという。

 

75

 

ハーバライフのCEOのマイケル・ジョンソンという人が、見るからに信頼できない風貌。会場の会員も脂ぎったハイエナ的なオーラが漂ってるし。

日本では、特に大きな問題もなく活動しているみたいです。
>ハーバライフ・オブ・ジャパン公式サイト
ただ、思うにアックマンは正しい。正義だと思う。ヘッジファンドにもこうした良心の人、倫理観を持った人がいるんだな、と。

ビル・アックマンから学ぶ投資の心得『納得がいかない経営には空売りを仕掛け続ける』

「ヨシュア」

中共を相手に戦う10代の少年少女。

イギリスの植民地から返還され、習になり全体主義を強要され始めた香港。

自由な香港人の姿こそが本来の中国人の姿であると思われ。

「ウォー・マシーン」を観て

主役の将軍役はブラッド・ピット。観終わってから気がついた。

苦難のアフガン。ままならない民主化。

思い出すのは、ブッシュの言葉。「日本の民主化はうまくいった」

それはそうだろう。もともとが民主主義だったのだから。日本において国家社会主義という全体主義=独裁国家化してたのは一時期。

そういう意味では、米国の認識の甘さが露呈した形。

SPOOKS スプークス/MI-5

正義か、組織か? MI−5を追われたハリー。単独でMI-5内の裏切り者を探す。テロとの危険な取引きをしながら。
洗練された個人主義。というか真の個人主義とはこういうものかと。

『野火』を観て 〜戦争という生き地獄〜

 小さな芋切れ二、三個が貴重な食料となり、塩さえもない極限状況。フル装備の敵軍に合えば肉片と化す。正気を保つのは至難。肺病になり恐怖から誤って村人を射殺し、その罪の意識にもさい悩まされる。
 リリー・フランキーが例によってアクの強い不敵なやさぐれた男をうまく演じている。そして監督兼主役を演じた塚本晋也の確かさが映画を手堅いものに。
 食料のない極限状況は、やがて人肉を口にせざる得ないところにまで追い込まれる。死への恐怖、妄想、幻覚、狂気。まさに地上の地獄と狂気が縦横する世界である。
 この映画を観ながら、あの戦争を意図的に引き起こしたそもそもの張本人の近衛文麿と尾崎秀実に、あの戦争の現実の様を知らせたいものだと思った。
 「二度と戦争などすべきでない」という常套句的な思いも強く湧き上がる。確かにどのような戦争であれ、ああした悪夢、非人道的な世界は付き物だろう。米軍の兵士もそれなりの地獄を味わったに違いない。
 だが、あの戦争において、南洋の島で日本兵が味わった状況は自由主義国の一般的な戦争の残忍さを超えた異様なものだった。食料は現地調達、みすみす犬死するとわかっていながら送り出される兵士。独裁国家でない限り、こうした無謀な戦略は許されない。何のための戦争かさえ明確ではない戦争。捕虜になるくらいなら自決せよと命じられる理不尽。道徳、理性の破壊。
 自由主義国家が、自由や防衛のために組織されている軍隊と、全体主義・侵略国家が指導する軍隊の運営が異なるのは当然であるが、日本軍の運営実態は後者のそれに限りなく近かった。
 問題はあの戦争が、真の意味では「祖国のための戦争」ではなかったことだ。左翼思想に侵された革新軍人らの観念の中の『祖国(皇国)日本』のために死ぬことが正しいと強制された戦争であったことだ。
 左翼イデオロギーに染まったものによって起こされた狂気の戦争が、前線の現場で狂気の態を噴出させたのは必然的帰結だった。
 真っ当な右翼であった(であると同時に保守主義者でもあった)東大の精神科学研究所の田所廣泰は、太平洋戦争が開幕した時、早期終結を進言した。東条英機はそれを苦々しく握りつぶし、彼らを学徒動員で過酷な前線に送り込んだ。国の指導層が狂気に侵されていた。 南洋の島で日本兵が味わった地獄は、国家社会主義という右翼を装った左翼思想に取り憑かれていた東条などが確信犯的に味わせた、といっても過言ではないだろう。
 あの狂気の戦争を一般的な戦争や全ての戦争に敷衍して「二度と戦争はすべきでない」と全ての戦争を否定し、一切の戦争をしないと自らに枷をかけることは危険である。その足枷が、再び同じ狂気の戦争へと日本人を、私たちの子供や孫に味合わせることになる確率は高い。
 なぜなら、中共に侵略・併合させられ彼らの支配下に日本が置かれた場合、間違いなく中共にとって目の上のコブであるアメリカと日本人は犬死的に戦わせられる。地政学的に日本列島は、太平洋を米国と挟んで中国の防波堤に位置する。自衛隊の軍事力の横領的活用や米軍基地の占領により齟齬機を抑えるという戦略からも世界覇権を目指す中共にとって日本は戦略的価値が大きい。
 日本国民にとっては、日本が中共の配下となることは、かつてあの戦争において独裁政権化した軍の配下に日本人が支配されたのと相似する。〈法の支配〉は失われ、軍の命令が絶対化したように中共の命令が絶対化するからである。
 中共の侵略を阻止する方法は『戦う』ことしかない。彼らが軍事力をチラつかせて恫喝してくるなら、こちらもそれ以上の軍事力を備えて恫喝を撥ね返すことである。そして実力行使に出たら実力行使で応酬する。そうした戦争は国際社会が認める自衛の戦争であり、そもそもがあの戦争とは異なるものである。また、ハイテクを活用する現代の戦争は、先鋭部隊により行われ、民間人が戦地に送り込まれることはない。
 「核攻撃されれば民間人にも被害が及ぶ」と言われれば確かにそうだが、もし中国がそうした行為に出れば、欧米自由主義国は本性を現した中共を抹殺する。その場合、滅んだとしても世界平和に貢献した意義ある滅亡である。同じ滅亡するなら中共に支配されて地獄を子供達に味合わせて滅亡するよりはるかにいい。生き残った日本人は「自由と平和のために戦った」とう尊厳を引き継ぎ国を立て直すチャンスもあるだろう。
が、戦わずに中共にひれ伏すなら、民族淘汰により、日本人自体が消滅する可能性も大きい。
 どう考えても日本は子供達のためにも「戦える国」になるべきである。
 独裁・全体主義国家と戦う強さこそ美しさであり、全体主義と戦う勇気こそが知性である。

ギターハンガーの設置

昨夜、仕事の帰りに木材とスクリューねじを買って、今日夜勤の午前中に加工、取り付けして、ギターハンガーを三つつける。

ベースの木材は、2000×90×45の杉の荒材で、軽くカンナをかける。

IMG_6040 IMG_6041 IMG_6042 IMG_6043 IMG_6044 IMG_6045 IMG_6046 IMG_6047 IMG_6048 IMG_6050

『あまくない砂糖の話』

昨夜、『あまくない砂糖の話』(オーストラリアのドキュメンタリー映画)を観る。
予想以上にショッキングだった。
糖分の過剰摂取の弊害は、内臓脂肪など肉体面だけでなく、精神面で集中力をなくし不安定な気分ややる気のなさ、だるさ、疲労感をもたらす。
甘いものを食べると一時的には、気持ちが安らぎ集中力が増すが、一時で、再びいい気分を得るにはまた摂取しなくてはならない・・・という麻薬的側面もある、といった医学的裏付けのレポートから、砂糖業界の隠蔽からさらに『マウンテン デュー』中毒で歯がボロボロになったアメリカの少年の映像などまで。

瞑想=「無限遠対向」 、そして境界線について

潜象と言うのは見ることができない。通常、感覚することも一定ではない。だから潜象なわけだが。
しかし、イメージすること、観ること、つまり「観想する」ことができる。原始仏教やヨガで言うところの「観想」=「瞑想」で『観る』のは宇宙の構造や生命の成り立ちに基づく法則、摂理である。理性にとってそれは抽象的なものであり、論理性から遠いように思われがちである。が相対性理論のように、常識的感覚では理解しがたいことでも、筋さえ通っていれば「理論化」は可能である。
私は、瞑想でまず、「無限遠対向」を観じる。無限遠とは宇宙の外域である。宇宙が有限で平べったい楕円の形でその大きさは〜であることなどは〜証明されている。だがその宇宙の外はどうなっているのかはわからない。ひたすら無限で何もないのか・・・ある古代の哲学によれば、宇宙や生命を生み出した無限の知彗 叡知つまりある種の意識体の充満が宇宙の外域にあると言う。つまり神的意識体である。神的意識体が自らを分割して宇宙や生命を生み出し、それらを統べ司っている、と言う理屈である。そのように古代人は『観じた』と言うべきか。直観したと言ってもいい。
この理屈で行けば、宇宙の外は何らかの形で宇宙内部に関与している。そうでなければ神的意識体が現象世界に間接的であれ働きかけることはできないし、神的意識体に人間が接触、繋がることもできない。
ちなみに宇宙とその外域との境界線であるが・・・多分それを見つけることはできないだろう。仮にロケットで直進してもそこにはたどり着けない。曲率によって周回してしまうことだろう。しかし、大きさがあると言うことは境界線はあると言うことである。ただそれを人間が実際に行って見ることも触ることもできないだろう、と言うことだ。
宇宙の外いきは、我々の外の方向と内側の方向とある。無限遠を外に辿れば宇宙の外である。うちに辿れば、細胞分子、原子の内部、原子核の奥、と言うことになる。原子核の大きさは〜それ自体、我々が感覚できないものである。
無限遠との対向とは、宇宙の外いきであると同時に、自分自身の肉体の細胞分子、その奥の原子核のさらに奥にあるものと対向すると言うこと。それを『観づること』それとコンタクトすることは可能である。瞑想とはそのためのものである。
さて、境界線についてだが。ジョンレノンのイマジン。「国境なんてない、と思ってごらん」みたいな歌詞がある。
「国境なんてない」と思えば、領土の争いもなくなり各国は仲良く平和に暮らせるよ、と言うメッセージらしいが。
先進国のリベラルにはウケがいいようだが。
 実際の話、国境なんて人為的なもんだから、ないようなものだ、と言えば、侵略国家は「あ、そ。じゃ尖閣も沖縄も中国の領土なんで」と自分たちの領土にするだけである。で、戦争は無くならないかといえば、そんなことはない。日本を侵略して支配下に置いた中共は、米国と戦争するのに日本人を使うだけである。
戦争がなくならないのは、中共やロシア、北朝鮮のような侵略国家、全体主義国家が存在しているからである。それらの国から自国の平和を守るには軍事力は必要であり、場合によっては戦うことも必要である。あたりまえの話である。
 こんな当たり前な話さえ、左翼に洗脳されたサヨク市民は理解できない。
「国境がなくなれば、みんな平和に暮らせるヨ」と寝ぼけた白昼夢を現実世界に投影している。ある意味、認知症予備軍である。現実把握能力が劣化してるわけだから。

慰安婦問題が解決不可能になってしまっている理由

「そこまで言って委員会」をちらっと観ながら思ったことをメモ
慰安婦問題が解決不可能になってしまっている理由
 韓国人にとっては、慰安婦問題や竹島の問題は、理屈ではない。根っこにあるのは「感情的しこり」である。
だから、理論や事実などより、感情的にしっくりくる説明のみに納得する。
 日本=加害者、朝鮮=被害者という図式は大衆の支持を得やすく知識人や政治家はそれに則ってこそ愛国者と言われうる。そういう空気が支配的であることは認識すべき。
 「感情的しこり」の原因は何か? それは、併合に仕方にあった。朝鮮の近代化の資金は日本の税金からの持ち出しであり、インフラ整備、学校など教育環境づくりが日本人によって行われた。それは概ね善意であり、そうした日本人の貢献と言うのは通常なら感謝されこそすれ、恨まれるようなことではなかった。朝鮮に移り住んだ日本の民間人が朝鮮人に蛮行を働いたり虐げたと言う話も聞かない。
 問題は、朝鮮人の歴史を抹消して『日本人化』しようとした〜の政策にあった。早い話が『同化政策』であり、差別の裏返しの同一化であり、ある意味差別以上にプライドを傷つけるものだった。