少数者の種類と低所得層

◉性的マイノリティ(性同一性障害など)
◉高い潜在能力を持つがゆえに社会に馴染めない精神的マイノリティ
◉経済的マイノリティー(平均年収200万以下の、いわゆるワーキングプアと呼ばれる層)
あと、政治的に与党に対する野党みたいなのも少数派だが、微妙。保守系はまだ筋が通っているからいいが、社民・共産系はスジが通ってない論理を振り回しているので『少数者』の部類に入れたくない、と言うのが正直なところ。(大衆の味方といった看板をやたら振り回すが、実質異なっている)
ゴールデンウィークになると5連休だの一週間休みだのとテレビで言うが、介護職には全く関係ない、別世界の話である。テレビが一般的国民として扱うのは中間層以上の人々で、貧困層エリアはなぜか存在が無視されている。
そこで、自分のような貧困層エリアは人口の何パーセントぐらいなのか気になり調べてみた。
経済的マイノリティーについて
「年収200万円未満の男性は、全体の約10%、女性は全体約40%が200万円未満となっております。
仮に年収が200万円だった場合の手取り額は月額で約15万円。
150万円だった場合は、手取りで月約11万円。
100万円だった場合は、手取りで月約9万円。
100万円以下の場合は月9万円ですべてをするという過酷な生活になるようです。」
とある。男女平均すると25%が貧困層と言われている部類になるようだ。が、共働きでカバーしてる世帯もあるので、男性の10%と言うのが確定層である。しかし、非婚や離婚を加味して考えると全体の2割になるのではないかと推論される。
が、年収200万円である介護職でなどのグレーゾーンの実態を考えると、夜勤業務・ボーナスを入れて年収260万で、手取りだと200万に満たない。その上、正月もゴールデンウィークなどの時期も5連休などまず取れない。有給を貯めれば年二回取れなくもないが。間違いなく貧困層の部類に入る。(貧困層は手取り10万円が多いから上の部類になるとはいえ)
こうしたグレーゾーンを入れると日本における貧困層というのは3割は硬いのかもしれない。
数で言えば、貧困層はマイノリティーと言えるのか疑問を感じざるところもあるが、テレビや新聞があえてワーキングプア問題を取り上げる時以外は無視される存在という点では少数者であろう。
テレビ、メディアが国民の3割ぐらいいるのではと推論される貧困層エリアを無視する根拠は、国民の平均年収が420万(平成27年度)という数字だろう。テレビにとっては平均年収層が国民の主役で、年収200万付近の低所得層というのは特殊な人たちになるのだろう。
こうした事情を考えると、数は三分の一近くいても、低所得層はマイノリティーである、と言える。

たかが映画が共産主義体制を倒した、という話

『チャック・ノリスvs.共産主義』
チャウシスク独裁体制が25年続くルーマニア。
映画も自由に見れない共産主義社会に、密かに欧米の映画が広まる。VHSのビデオテープで。
それはやがて1985年の民主化へと繋がっていく・・・
自由主義社会における単なる娯楽作品が、共産主義国家という全体主義を崩壊させる契機になった、という実話。
ちなみにチャック・ノリスは全然関係ないのだが、自由主義社会の象徴としてタイトルに使われた模様。
しかし、ビデオテープというちっぽけなものが共産主義体制を崩壊させた、という実例は勇気付けられる。
ところで、以下の記事
http://wired.jp/special/2016/flashmob 金正恩を討て! USBゲリラたちの死闘
密輸人たちは冷たい川を越え、USBフラッシュメモリーを北へと運び込む。
その中身は、アメリカや韓国の映画やドラマ、音楽データだ。
北朝鮮政府が固く禁じた「外の世界」への扉を開き
国民が国境の「向こう」側を知れば、独裁は終わるかもしれない──。
そんな野望を抱き「真実」を伝えようとする
脱北密輸人たちの闘争と葛藤を追った。
・・・ということなんだが、果たして北朝鮮でこうした試みは上手くいくだろうか?
ルーマニアは確か、ソ連と切れていた。だから自由化が穏便になされた。が、北朝鮮の自由化を中国は果たして望むか?といった問題ともからむか、と。

Gardening Without a Garden

Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Aliquam tristique eget elit ut euismod. Aenean ut lacus sed risus volutpat condimentum. Morbi congue luctus nunc, eget molestie libero vestibulum sit amet. Aenean in eros non quam molestie consectetur. Curabitur cursus eget felis ut rhoncus. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Ut bibendum lacus diam. In auctor, risus sit amet sollicitudin suscipit, urna nulla dapibus massa, eu euismod tortor orci non neque.

When I stand before God at the end of my life, I would hope that I would not have a single bit of talent left, and could say.Albert EinsteiN

Maecenas dapibus iaculis imperdiet. Pellentesque et ipsum ultricies, laoreet nulla at, auctor ipsum. Mauris vel mauris viverra ante vestibulum molestie eget non lorem. Curabitur vel congue quam, quis viverra neque. Fusce posuere tellus laoreet magna vulputate, sit amet dapibus leo ultricies. Morbi ac erat a ex semper tempus. Praesent quis blandit libero. In hac habitasse platea dictumst.

Donec sit amet erat in eros commodo commodo
Donec sit amet erat in eros commodo commodo

Maecenas dapibus iaculis imperdiet. Pellentesque et ipsum ultricies, laoreet nulla at, auctor ipsum. Mauris vel mauris viverra ante vestibulum molestie eget non lorem. Curabitur vel congue quam, quis viverra neque. Fusce posuere tellus laoreet magna vulputate, sit amet dapibus leo ultricies. Morbi ac erat a ex semper tempus. Praesent quis blandit libero. In hac habitasse platea dictumst.

How to Read a Seed Catalog

Phasellus at eros non sapien aliquet volutpat. In viverra odio aliquam, dictum tortor a, commodo turpis. Quisque fermentum urna nec est ultricies faucibus. Maecenas quis mi vitae magna pharetra varius. Etiam tellus nulla, fermentum sed lectus in, sollicitudin blandit enim. Pellentesque porta sapien vitae lacinia porttitor. Nulla quis sapien ex. Sed maximus tellus nec libero blandit consequat. In turpis ante, varius eu metus eu, finibus sagittis sem. Donec placerat ultricies nisl tristique elementum. Aliquam erat volutpat. Curabitur ut purus gravida, iaculis ipsum vel, fermentum nisl. Nam sodales sem vitae velit lacinia mollis ut nec diam.

Vestibulum dolor nisi, aliquam eget eleifend nec, euismod ut libero. Donec in leo odio. Suspendisse libero nisl, ultrices vel commodo sed, consequat et urna. Sed et pulvinar ipsum, id ultricies diam. Donec tempor vitae justo vitae ullamcorper. Pellentesque id dolor aliquam, auctor neque a, tincidunt diam. Quisque non tempus ligula. Donec sed magna libero. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas.