ユリシーズとヴィクトリノックス

8月16日

Ulysses(ユリシーズ)をお試しで一昨々日より使ってみているが、大変原稿が書きやすい。先ほど、WordPressに記事を投稿したが、最初失敗したが二度目うまく投稿できた。

今日、市内の歯医者へ。

ジュンク堂で「考えながら書く人のためのScrivener入門」を探したところ、見つかった。嬉しい。何せ、Amazonでは新品で定価以上の4,000円ぐらいになっていたので。

定価 税込2,700円


Ulysses(ユリシーズ)は、wordPressの原稿作成用、Scrivenerは電子書籍執筆用とプロジェクトの構想と管理用に、evernoteはタスクメモや日記、webの貼り付けなどスクラップ的使用—と使い分けしようかと。

UlyssesやScrivenerのようなマークダウン、エディターを使いたいと思ったのは、テキスト書類単位だとHD内にやたらとばらけてまとめるのが容易でなく。


victorinoxのラップトップ バックパック見る。店員さんがいろいろ見せてくれて「いいな」と思ったのだが、問題は15インチのノートパソコン用で、Macbookの17インチが入りそうにないこと。

43388F7A-8141-4E99-8293-0099C25F64F6

¥ 15,000 (税抜価格)

ヴィクトリノックスはもともとスイス・アーミーナイフで有名なメーカーらしく。

質実剛健、機能美なデザインが一貫しているが、値段高め。時計もある。

なんか、カバン好きなんだよねぇ。